ヘッダー画像
  • トップ画像
  • トップ画像
  • トップ画像

関西を中心に全国で活動しています。
日本で唯一主要な「3つの動きの学習」が出来る研究会。
多数の活動実績と、質の高いセミナーにこだわっています。

うごリハ限定初級コース フェルデンクライスメソッド®

動きを学ぶことを学ぶ 〜「動きの学習」をリハビリテーションやケアへ〜

【兵庫西宮】平成27年2月21日(土)〜2月22日(日) ※2日間のコースです

こういった方におすすめです。

 

☆今までのROMや鍛えるばかりのアプローチに限界を感じる

☆反復的な基本動作練習に行き詰まりを感じる

☆触り方やハンドリングの質を深めたたい

☆学ぶこと、そのものの理解を深めたい

☆キネステティクス®以外のものにも触れたい

☆介助の質やハンドリングを高めたい

 

 

このコースは日本でも「うごリハ」だけで行うプログラムです。

フェルデンクライスのワークショップは部位別などのテーマで行われることが多いですが、

うごリハでは、動きの学習そのものに焦点を当てていきます。

 

 例えば、

 

患者がよりスムーズに寝返りができるように、
歩けるように、それがもっと簡単にできるように。
無理なく動きが学習できるように。

どのようなアイデアを今もっていますか?

 

実際のセラピストのアプローチの場面で

「動きの学習」を使えるようになるには、

 

 

動きの学習に役立つ思考や知識の理解

 

それを実践できる「自分の動き」や

「ハンドリング」が必要になります。

 

 

ワークショップに参加する、セラピストのニーズは

現場で患者に役に立てたい、効果的に実践したいと思う人がほとんどです。

 

 

フェルデンクライスメソッド®は

創始者モーシェフェルデンクライスが

解剖学や神経生理学、情報統制理論などの中、そして自身の体験から

科学的でとても深い理解によって作られたものです。

 

 

モーシェはすでに亡くなっていますが、

多くの人が彼を天才だと呼んでいます。

 

 

キネステティクス®の創始者である、

フランクハッチやレニーマイエッタととも研究を共にしており、

お互いに尊敬しあっていました。

フランクハッチはよく自身のワークショップの中でも彼の話をよくします。

 

 

このメソッドは動きの学習としてはとてもすぐれたものです。

その効果は目をみはるものがあります。

 

しかし、いかんせん、わかりにくいのです。

モーシェ自身もそれは発言しています。

 天才の考えは理解するだけでも一苦労です。

 

 

多くのフェルデンクライスメソッド®の

ワークショップの参加者はなぜからわからないけど、

動きが楽になった、体が軽くなったと体験します。

 

 

不思議だと皆思います。

しかし不思議でもなんでもありません。

しっかりとした考えに基づいて作られているものです。

理解してしまえば、そういうものだとわかります。

 

 

ですから、不思議だとそれで終わってしまうのはもったいないです。

 

 

もちろんそれでも、続けていけば、とても質のよいアプローチができるでしょう。

じっくり時間をかけて自分の動きを磨き、そして自分と相手が質よく動くことを

練習するのが、四年かけて行うトレーニングコースです。

 

 

しかし私達はフェルデンクライスそのものを

実践できるような人を育てることは考えていません

 

 

私が行うことは、

フェルデンクライス®がもってている「動きの学習」というとても優れた考えを

皆様にお渡し、効果的にセラピスト個々のアプローチにと入れる事です。

 

当時に自分の動きの質を高め、実際に触れる練習を行い、考えだけでなく

実践できる能力を高めます。

 

 

またキネステティクス®やアレクサンダーテクニークなど

様々な考えにふれながら、広い視点で

「動きの学習」の理解を深めていただくことです。

 

 

フェルデンクライスメソッド®とは特別なアプローチではなく

科学的人間の理解に基づいたアプローチなだけです。

 

 

感覚や運動、骨格や、発達、進化論などを理解すれば

自然にモーシェが考えたアプローチに近づいてきます。

 

 

私は、まず部位別と学習するより前に 

「動きの学習」そのものの理解を深めることが基礎として

大切だと考えています。

 

 

 

学びにはある種の段階があります。

 

 

いきなり複雑なことは学べません。

情報をしっかりと丁寧に積み上げていく必要があります。

 

 

このコースは「動きの学習」という基礎を高めるコースになります。

 

まず「学ぶこと」とは何かとという理解から始めましょう。

 動きを学ぶってどういう事でしょうか?

 どのように学べば効果的なのでしょうか? 

 

 

 

このプログラムができるのは、総合的な「動きの学習」を行っている

当研究会だからこそです。

 

 

私達は、幅広く常に「動きの学習」を深めています。

 

そして実際に毎日のリハビリテーションの中で実践しています。

  

 

■日程 

平成27年2月21日(土)〜2月22日(日)※2日間のコースです

 

■時間

10時〜18時

※受付は9時半から 

※進行状況により多少延長することもあります


■場所

 


西宮勤労会館
兵庫県西宮市松原町2-37

2/21日 第2和室

2/22日 午前 第3会議室

     午後  第2和室

 

※隣接している西宮勤労青少年ホームではありません。

「動きの学習会」という団体名で部屋を予約しています。

 施設に入りましたらボードをご確認ください。


※JR西宮から南に徒歩7分
※阪神西宮駅 東(大阪方面)へ 徒歩10分

 

 

 

 

■対象

資格の有無、種類は問いませんが、リハビリテーションや動きの学習に興味のある方

※主に体験学習なので気軽に参加できます。

 

■主催  動きの学習とリハビリテーション研究会

 

■講師:谷口 奨(動きの学習とリハビリテーション研究会/LCMAC 代表)

 

■保有資格:

   フェルデンクライスメソッド®スチューデントティーチャー

   支援と学習のキネステティクス®アドバンスコース教師

   作業療法士

  

■参加費
2日で14000円 

※振込にてお願い致します。申し込み後お知らせ致します。

 

 

■定員

18名程度 

 

 

■必要なもの

各自 動きやすい服装と 

   寝転がることが可能なもの(大判バスタオルやヨガマットなど1枚)

         筆記用具

   をご持参ください。


■申し込み方法

下記の申し込み専用アドレスに
ugokinogakusyu@gmail.com

件名『フェルデンクライスメソッド 西宮10月 参加希望』とし、
 
本文に
①名前
②職業
③所属先
④連絡のつくメールアドレス(PCメール推奨)
⑤領収証の必要の有無
 
必要事項5点を記載の上、送信してください。
 

 


よろしくお願い致します。
わからないことがございましたら気軽にご質問ください。